相続手続きの一般的な流れを紹介

query_builder 2024/06/15
コラム
44

相続手続きは、一体どのような流れで進めるとよいのでしょうか。
初めての相続手続きで、どうしたらよいか不安な方も多いでしょう。
一般的な流れを紹介しますので、ぜひ参考としてお役立てください。
▼相続手続きの流れ
①遺言書の有無を確認
相続が発生したら、まず遺言書の有無を確認します。
②相続人の調査
遺言書の有無を確認したら、被相続人の財産の調査や評価が必要です。
相続放棄をするのなら、3か月以内に手続きをしなくてはなりません。
③遺産分割協議
遺産分割協議を行い、協議が成立したら遺産分割協議書の作成が必要です。
④手続き
書類が揃ったら、相続税の申告や納付を行います。
そのほかに、金融機関・年金・公共料金などの手続きも必要です。
手続きに漏れがないよう、確認しながら進めましょう。
■相続手続きはプロへの依頼が確実
相続が発生すると、さまざまな手続きが必要になります。
流れを把握していても、ご自身ですべての手続きを進めていくのは非常に大変です。
確実に漏れなく相続手続きを進めるのなら、プロへの相談も検討してみましょう。
司法書士に依頼すると、正確かつスピーディーに手続きを進めてくれます。
▼まとめ
相続が発生すると、さまざまな手続きが必要になり、どうしても時間や手間がかかります。
そのような場合は、プロである司法書士への相談も検討してみてください。
豊島区にある『司法書士法人リーガルトップ』では、相続手続きについてのご依頼を承ります。
相続問題のエキスパートが丁寧に対応しておりますので、ぜひご依頼ください。

NEW

  • 相続問題における学んでおくべき法律知識とは

    query_builder 2023/06/21
  • 相続人が未成年だったら手続きはどうなる?

    query_builder 2024/07/01
  • 相続手続きの一般的な流れを紹介

    query_builder 2024/06/15
  • 相続手続きにかかる期間の目安はどのくらい?

    query_builder 2024/06/01
  • 相続手続きを司法書士に依頼するメリットとは?

    query_builder 2024/05/15

CATEGORY

ARCHIVE