信託の方法
信託の方法

信託するにはどうすればよい?

①契約での「信託」

◆委託者と受託者との信託契約 ⇒ 公正証書で!
◆生前から契約を発動し、財産管理や相続税対策を実行する
◆遺言と同様、相続後の相続人を指定できる!

②遺言による「信託」
◆遺言書の中に、信託条項をつける!
◆委託者の死亡により発効する!

※信託契約も「契約」である以上、本人(委託者)の判断能力がしっかりしている間に契約する必要がある!

信託の方法
預けた財産はどうなるの?

①預貯金


◆信託財産が金銭等の場合 ⇒ 受託者名義の口座で管理・運営する

①預貯金

②不動産

◆信託財産が不動産の場合 ⇒ 信託の登記をして、受託者が管理する
②預貯金